成功マインド

筋トレをつまらないから辞めてしまうのはもったいない!【魅力解説】

あなたは筋トレを楽しいと思いますか?それともつまらないと感じてしまうでしょうか。

実はわたしは、ちょっと前までは定期的に「筋トレはつまらないな〜」と気分が落ち込んでしまうことがありました。

その原因として、2つあります。 1つめは成長しない自分に飽きてつまらないとスネてしまったこと。2つめは、筋トレによって得られたメリット(効果)を100%実感しきれていなかったからです。

今回は筋トレはつまらないと感じてしまい、すぐに三日坊主になるあなたに向けて僕の体験談を解説します!

筋トレを挫折せずに続けていくために、あらかじめ読んでおけば後悔しなくなります! 僕の失敗談を糧に筋トレをやってください。

筋トレをつまらないと感じてしまったら思い出すべき2つのこと

筋トレがつまらない、楽しくないからやめようかな。と感じたときは、すぐに以下の2つを思いだしてください。

(1)なぜ筋トレをやっていたのか?
(2)筋トレをやって得られた変化

この2つを思い出してほしいのです。 (1)は筋トレをはじめた理由ですね。動機だったり、目標かもしれません。

ちなみに僕はガリガリな体にコンプレックスを感じていたので、少しでも強くなりたい!と決意して筋トレをはじめました。 かなり挫折をしまくって三日坊主を100回くらい経験してきましたが、現在はずっと筋トレを続けています。

目標や筋トレを始めるきっかけを思いだすことで、つまらないと感じてしまう自分にエールを送ることができます。

結局は、挫折しそうなときに「よしやるか」と決意して行動できた人間だけが筋肉を体に纏うことができます。

(2)は筋トレをやって得られた変化です。 つまりどういったメリット(効果、いいこと)があったのかということ。

僕はこのようなメリットを感じています。

体が大きくなって自信が持てるようになった。Tシャツを着てもビシっと決まるようになった。健康になり、顔に表情も自信に満ちている。人に怯えなくなった。朝起きるのが苦痛ではなくなった。恋人ができた。

僕は筋トレを始めてから辛いことよりも、得られた変化の喜びのほうが大きいです。

だからこそ、筋トレをつまらないと感じてしまったとしても、継続できます。 今ある喜びや達成感を否定したくないからこそ、少しでも前に進むためにトレーニングに励みます。

別に、筋肉を今以上に肥大化させようと考えるのではなく、とりあえず筋力トレーニングをすることが大事。

腕立て伏せでもいいし、腹筋やダンベルカールをすこしだけやるのでもOK!

ダメなのは完璧にやろうとすること。こちらの記事でも説明していますが、完璧主義は挫折のもとです。 筋トレをつまらなくする原因でもあり、三日坊主になってしまいやすい思考なのです。

細い腕を男らしく太くする3つの方法!男であれば太い腕が理想ですよね。 しかし理想とは裏腹に、現実は細い腕に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 女性...

筋トレはムダ、つまらないと感じたらチャンスです

実は、僕がこれまで筋トレを挫折してしまったときの共通点があります。

それは、トレーニングをしても変化を感じられなくなった瞬間です。 「もういいや」って投げやりになってしまい、そのまま数ヶ月ダンベルすら手にしない期間が続きましたw

結果として、しばらく時間が経過して筋トレを再スタートするのですが、半年前に余裕だったメニューがまったくこなせないのです。

腕立て伏せを10回連続でこなすと翌日には筋肉痛になってしまうのです(笑) こんなに軽めの筋トレですら、筋肉痛になってしまうほど刺激を与えていなかったのかとビックリしました。

筋トレをやっている人の99%は、結果が手に入らないと感じたタイミングでやめていきます。 人によってはつらまないと感じたり、ムダだと思ってしまうのです。

でも、考えかたを変えてみると「筋トレで結果が出ない」というタイミングで大半のひとは挫折していくのです。

ここが運命の分かれ道であり、定期的にくる試験のほうなものです。 ここでそのまま辞めてしまうのか、それを理解してあえて筋トレを継続するかで未来が変わります。

筋肉マッチョな人たちは根性があるわけではなく、ただ具体的に継続をしているからなのです。

根性がめちゃくちゃあるというよりも、継続するためにエネルギーを注いでいると考えてください。 僕も科学的な継続方法や習慣化などを学んだからこそ、何年間も挫折せずに筋トレを楽しくやれています。

学習をするまえは、超絶サボり魔だったのですぐに筋トレをやめてましたからね(笑)

筋トレをして自分に自信をつける
筋トレは楽しい!これだけは自信を持っていえる5つの魅力筋トレはめちゃくちゃ楽しい。 私がジムでお世話になっているマッチョの方々もいつも口をそろえて言っています(笑) それくらいに...

僕は筋トレをしている今この瞬間を大切にしています

僕は筋トレをしたあとよりも、筋トレをしている最中を重要視しています。 なぜなら、筋トレはご褒美だからです(笑)

筋トレ業界ではしらない人がいないくらいに有名なtestosterone(テストステロン)さん。 顔出しはしておりませんが、Twitterや著書では筋トレあるあるを発信しまくっている人物です。

このtestosterone(テストステロン)さんが、筋トレはご褒美である。という名言を聞いてからは、僕も筋トレをしている瞬間に価値を感じられるようになりました。

こうやってトレーニングをできることに喜びを感じつつ、成長できるなんて素晴らしいなと。 

わからない人にはわからないけど、少なくともこの記事を今こうして読んでいただいているあなたには絶対にわかっていただけるはず(笑)

このような感じで、僕は筋トレがつまらないと感じたらチャンスだと思ってちょっとだけ踏ん張るようにしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です