自宅でマッチョになる筋トレ方法!

筋トレを続ける方法はあるの?モチベーションは関係ない?

   

 

筋トレを続けるためになによりも大切なのが、考え方です。

 

これは、筋トレにたいする考えかたというものではありません。

 

継続するためには、どうすれば良いのだろうか? ・・・ということです。

 

つまり、筋トレだけでなくすべてに応用できる考え方なのでぜひぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

筋トレを成功させるために方法論だけを追い続けた結果・・

 

私は過去に、ひたすら筋トレのやり方(技術的なアプローチ)ばかりを探しては実践していた時期があります。

 

とにかく、よりスゴイ人が解説するYouTube動画をみまくって、

 

過去にすごい結果を出したボディビルダーの本やブログを読み漁り、真似できそうな筋トレ方法や道具を買いまくっていたのです。

 

本質を無視して、筋トレ方法ばかり追い求めた結果・・・・半年もしないうちに挫折しました。(´;ω;`)

 

これって今考えてみると当たり前なのですが、当時は必死すぎて頭でっかちになっていたのです!

 

海外からプロテインを輸入してみたり、ムダにプロテインを飲みまくったり、自宅に置いておくにはデカすぎる器具を中古で買ってみたり・・・

 

単純にいえば、努力をする方向性をミスっていたのです。

 

筋トレを続けるため必要なのは、モチベーションでも、管理が整っているジムに通うことでも、高品質なプロテインを飲むことでも、ボディービルダーの筋トレ解説動画を見ることでもありません。

 

これらすべて後まわしでいいのです。

 

それ以上に、考え方(マインド)が重要です。

 

考え方っていうのは、筋トレをこれからやっていくために標準装備しておくべき常識やモノゴトの判断能力や基準値だとおもってください。

 

例えば、プロの野球選手と、高校野球をやっている高校生では、

 

野球にたいする考え方だったり、向き合い方も圧倒的に違いますよね。 どちらが良い・悪いではなく、ベクトル(方向性や次元)がまた別なのです。

 

持っている考え方次第では、良くも悪くも大化けするのが筋トレです。

 

今回ご紹介する
考え方っていうのは、安っぽい知識ではなく、科学的に基づいたたしかな事実を中心に解説します。

 

では早速、一番手っ取り早く筋トレを継続するために効果的な考え方をみていきましょう。

 

ハードルを鬼のように下げていく

 

一番良いのは、ハードルをめちゃくちゃ鬼のごとく下げることです。

 

ぽっこりお腹がコンプレックスで今すぐにでも痩せるために筋トレをはじめたい30代のサラリーマンがいるとします。

 

この人が、明日からプロのボディービルダーがおすすめする「最強のトレーニングメニュー」を実践するとなったら、どうでしょうか・・・??

 

3ヶ月後に、このぽっちゃりした男性は、スッキリ痩せられて別人になっているでしょうか?

 

それとも・・・・・

 

恐らく答えは簡単で、ゼッタイに挫折しているはずです。

 

これまで自由にバクバク食べて、ぶくぶく脂肪と体重を増加させてきたのに、そんなすぐに筋肉をつけて痩せられるわけないからです。

 

数年、数十年蓄積しつづけた脂肪というのは、そう簡単には落ちないですし、

 

どれだけ優れているトレーニングメニューを知ったところで、継続できなきゃやっぱり結果はついてこないのです。

 

有酸素運動でダイエットしたい人が、明日からフルマラソンを毎日はしるってなったら、絶対続かないですよね(笑)

 

でも逆に、まいにち100メートルだけでいいから走ってみようよ! ってなれば、案外いけるかもしれません。

 

この考えがハードルを下げるということです。 私が一番あなたにおすすめしたい継続するために一番使える思考です。

 

とにかくハードルを鬼のように下げてみましょう。

 

腹筋運動を5パターン各30秒間づつやっているとしたら・・・

 

明日からは、1パターンの腹筋を15秒間だけやってみる。 その代わり毎日実践すること!

 

ダンベルカールを毎日10回3セットやっているのであれば、
明日からは10回1セットを真剣にやってみる。

 

ほんと、こんなラフな感じでいいのです。
だって継続しなければ、結果は絶対についてこないからです。

 

机上の空論よりも、はじめの一歩

 

どれだけ壮大な計画を紙の上で繰り広げても意味がありません。

 

私は筋トレ初心者のころ、紙にこのように目標を書いたことがあります。

 

壮大過ぎる目標
今はガリガリだけど、半年後にはハリウッドスターのようなムキムキかつ、絞られた体型を目指す。 ベンチプレス120キロを上げられるようになる。半袖Tシャツを着て街でナンパされる。

 

今みるとめっちゃ恥ずかしいのですが、当時ガリガリだった私はこのような夢物語を描きつつ、筋トレに励んでいました。

 

今となっては、そこそこ生まれ変わったといっても過言ではないレベルまで成長することがきでましたが、

 

この当時につくった机上の空論は、まさに夢のまた夢だったのです。

 

目標をかいて半年後・・・体型はそこまで変わらず街でナンパされることもなく、重要なマインドを手に入れるまえに、方法論ばかりに先走っていたのです(´;ω;`)

 

コレじゃあムリだ(笑)

 

あなたも同じような経験があるかもしれません。 でも大丈夫です。

 

この記事を読んでくださっているあなたは、ハードルを下げて継続するためにきっかけを手にしているからです。

 

壮大な夢物語をみるよりも、はじめの一歩がなによりも大切です。

 

今日の一歩が明日、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後、3年後、5年後、10年後・・・・と繋がっていきます。

 

結局は行動できない人がすごい計画を立てても、誰からも評価されないし、結果をつかないので、時間がすぎればすぎるほど悲惨なことになっていきます。。。

 

そうならないためにも、考え方を学ぶことを最重要視してほしいです。

 

ここで一旦まとめます。

 

  • ハードルは鬼のように下げるべし
    →だって続けなきゃ意味ないし、結果もでないじゃん。
  • はじめの一歩が重要
    →ハードルを下げまくった目標をこなす今日の一歩が何よりも価値があり、未来につながる
  • 継続しつづければ必ず結果にたどり着くというゆるがない事実
    →筋肉は人間が生きてさえいれば、成長しつづけます。 仕事や恋愛とは違い、他者に影響されず結果が保証されています。

 

どうでしょうか・・・??

 

ハードルをめちゃくちゃ下げて、簡単なメニューを必死にこなすのは恥ずかしいことでしょうか、違いますよね。

 

ほんとうに恥ずかしいのは、計画だけデカイこといって、三日坊主で諦めてしまうことですよね。

 

私は少なくとも、この考えを大切にして常に大前提としてトレーニングを継続してきました!

 

その結果、むかしのガリガリだった自分とはちがい、筋肉はつき性格は明るくなってビジネスにも応用が効く学びをたくさん得ています。

 

よく、成功している人は筋トレをやっている。 という名言をよく聞きますが、

 

実際に成功している人たちは、みな口を揃えて「筋トレをやっているから成功している、逆だよ逆!」 と、いっています。

 

本当にこれはその通りだとおもいます。

 

仕事とかで成功できる優秀な人間だから、筋トレをやっても上手くいくだけだと考えている人は間違いで、

 

筋トレをやっているからこそ、筋トレから学ぶことを仕事や学問に応用しまくって成功しているだけなのです!

 

私も、ハードルをめちゃくちゃ下げちゃえば、筋トレも結果がでると知ってからは、仕事でも応用しています。 ダイエットでに使えますよね。

 

モチベーションなんてものはいらないですし、勝手にでてきます。

 

難易度が低ければ低いほど習慣化できる

 

人生は習慣化させてしまえば、ほとんどのことを簡単にできます。

 

例えば、朝おきてすぐにランニングへいく習慣は、多くの人にとっては苦痛です。

 

でも、私は週に5日はランニングをしています。

 

これも、最初はいきなりランニングを始めたのではなく、100メートルだけ走ってみる。 というハードルを下げまくってチャレンジしたのです。

 

今では5キロのランニングなんて朝飯前ですが(朝飯を食ってから走ってますが笑)、

 

私の、はじめの一歩は100メートルランニングからスタートしたのです。

 

いまでは、50倍の距離のランニングを習慣化できているので、ほんとうにバカにできない考え方なのです。

 

朝にランニングをすると、体調も整うだけでなく、汗をかいてリフレッシュできるので冷静に落ち着いているものの、青い炎がみなぎる戦闘態勢が完成します。

 

仕事なんてバキバキやっても疲れないですし、短い時間でサクサクっと効率よく働けて、いいことづくしです。

 

ネガティブな思考を挟むことなく、作業できるので運動って最高かよ!! と思いながら日々、感謝して生活しています。

 

人間は、簡単なことであれば20日くらいあれば習慣化できるそうです。

 

ここで重要なのは、簡単なことであれば習慣化できるということ。

 

つまり、難しいことはムリなんですよっ!!!!

 

じゃあ、筋トレを習慣化させるのは不可能なのか?!1?!? と思われるかもしれませんが、ハードルを下げて、その行為をめちゃくちゃ簡単なことにしちゃえばいいのです。

 

先ほどの、腹筋する回数を5分の1にしたり、腕立て伏せを10回3セットから、10回1セットにしちゃえばいいのです。

 

これでも習慣化しにくかったら、1日1回の腹筋。1日1回の腕立て伏せからスタートです。

 

腕立て伏せをする。腹筋運動をするという行為からスタートさせて、20日間で習慣化させてしまえばいいのです。

 

あとは、じっくり慎重になりながら、じょじょに回数を増やしていけばやがて、机上の空論レベルだったトレーニング量と、質の良い筋肉がてにはいります。

 

はじめの一歩をひたすら小さく、小さく細分化させて行動につなげる。 ここだけは、あなたの根性を出して徹底させてください。

 

ルールを決めて、ルールの奴隷になってひたすらこなす。 これだけ!

 

継続さえすれば、必ず結果がでるという事実を信じてください。

 

ダイエットも痩せるまで続ければ痩せることができます。 体重は減り、見た目は若返り生活スタイルもガラリと激変します。

 

筋トレも同じく、美しくたくましいボディは見た目だけでなく、まわりの評価もかわり、あなた自身も大きく変わっていきます。

 

これを実現するために、ハードルを下げまくってください。

 

本日は以上になります!

 

最後までご丁寧に読んでいただき有難う御座いました!!

 - 成功マインド