自宅でマッチョになる筋トレ方法!

太っている男性は筋トレをすることでダイエット出来るか?

   

 

日本では太っている人に対して厳しい国ですよね。 欧米などに比べるとヤセ型人間が多いため、どうしても偏見の目で見られてしまいます。

 

太っている人自身もコンプレックスを持っていることが多いです。

 

そこで今回はおデブさんが痩せるために最も効率が良い手段をあなたに伝授します!

 

間違った知識や勘違いをしていないか確かめてみてください。

 

スポンサーリンク

太っている人こそダイエットは筋トレをやるべき

 

太っている人が痩せるとなれば、ご飯をたべずに絶食したり、カロリーコントロールをしてなるべくヘルシーな食事を摂取しようとしがちですよね。

 

しかし、ダイエット方法としては非常に弱くバランスの悪い考え方なのです。

 

食事を制限しているだけのダイエット術では、時間が経過するにつれて元気がなくなり、空腹との戦いがキツくなり、最終的には暴飲暴食をしてお金とカロリーを大量にとってしまうのです。

 

これまで太ってきた人が、食べないだけで簡単に痩せられるほどカラダは上手に作られていません。

 

太っている体は、カロリーが原因ではなく脂肪です、食べないだけでは脂肪は落ちないですし、減ることもありません。

 

じゃあ、どうすればいいのか?

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

そこで重要になってくるのが、筋肉をつけて代謝を上げること!なのです。

 

痩せる=走って食事制限をして努力する

 


こういったイメージはもう既に古いのです。こういった考えは日本の健康食品メーカーによる楽なダイエットを想像させるだけの戦略です。

 

実際にはこの考えで痩せるのは非常に難しいのです。

 

では、具体的な方法を説明するまえに日本とアメリカ(欧米)でのダイエットに対する考え方の違いについて見ていきましょう。

 

日本とアメリカでは常識が180度違う

ダイエットをする

アメリカでダイエットといえば、100人いれば80人が「筋トレでしょ! 」と答えるはずです。

 

もしも、日本で「ダイエットといえば何をする?」と聞けば「カロリー制限と絶食! 」と答える人が8割だとおもいます。

 

ここで残念なことに成功する人と失敗する人の差が生まれています。

 

アメリカ人はマッチョになりやすい体質だからでしょ!って思われるかもしれませんが、基本的に関係なく、骨格が比較的おおきな日本人は筋トレをすることで有利だといえます。

 

(*骨格は体格とは違います。)

 

ではでは、早く少しでも痩せたい人は次の筋肉がつくと痩せる理由をしっかりチェックしましょう!

 

なぜ、筋肉をつけると痩せる体になるのか?

 

お腹や腕や顔についているムダな脂肪は、筋肉による代謝で燃焼することができるのです。

 

筋肉はただ力を発揮するだけでなく、体温をあげたり新陳代謝をたかめる働きがあります。

 

簡単にいうと、筋肉量が多い20代の男性のほうが体温を保持しやすく太りにくい体質になり、筋肉量が少ない40代男性のほうが太りやすく冷え性などになりやすいのです。

 

結果として、体がじょじょに大きくなっていき、肩こりや体の不調が起きてくるのです。

 

反対に筋肉量が多いと代謝があがるので、風邪をひきにくくなったり体のだるさや重さを感じることなく生活することができます。

 

筋肉量が多いというと、「めちゃくちゃマッチョ」をイメージしがちですが、そんなにマッチョになる必要性はないです。

 

大切なのは痩せるためにしっかり筋肉を刺激することです。 そうすれば自然と筋肉量は増えます、(目に見えるかは別として)

 

つまり、筋肉量が増えて代謝があがり脂肪を燃焼しやすく、太りにくい体質を手に入れることができるのです。

 

病気でも美容でも、体質を変えないとなにも始めらないと言われているのとおなじようにダイエットも筋肉量を増やして代謝をあげないと根本的な解決にはならないのです。

 

1週間や1ヶ月だけ痩せてすぐにリバウンドしては意味がないですよね。

 

痩せるならば、ずっと理想のスタイルを手に入れるために筋トレをするべきなのです!。

 

筋トレは具体的になにをするべきか?

筋トレで痩せる

ダイエットをいざ始めるときに多くの人は「気合とお金をかけすぎています

 

いきなり高い筋トレ器具をかったり、低カロリーフードを注文したり、価格の高いランニンシューズを買ったり・・・・行動力は認めますが、こういった所に力を注いでしまう人は長続きしません。

 

心理学的にいうと、アイテムにお金をかけて頑張る理由をこじつけているからです。

 

そうではなく、最初はお金もかけず気合も入れすぎずに日々淡々とおなじ筋トレメニューをこなしたほうが結果を出すまでに早いのです。

 

ダンベル・ジムへの入会手続きも不要です!

 

最初の30日間は次のメニューをひたすら継続してください。

最初にやるべき筋トレ
腕立て10回×3セット
腹筋20回×2セット

 

え・・・?これだけなの?と思われるかもしれませんが、腹筋運動と腕立て伏せをあまく見てはいけないのです。

 

こういった器具を使わずにできる筋トレを自重トレーニングといいますが、下手に10キロや20キロのダンベルを使うよりも、自分の体重を加えるので

 

負荷はかなり高いです。

 

腕立て伏せだって、上半身の体重がすべて腕と肩と胸筋と体幹にのしかかるので軽く30キロ以上の重量になっているはずです。

 

これを10回×3セットこなすだけで、初めての人であれば翌日に筋肉痛になっているはずです。

 

ちなみに筋肉痛になっていても筋トレをすれば効果はあると最近の研究結果で判明しているので、やる気さえあれば毎日やってもOKです!

 

日々、筋肉が刺激されて増大し、代謝があがっているイメージを持ちながら筋トレダイエットを継続してください。

 

次回はさらに詳しく2ヶ月目のトレーニングと追加項目を記事にしていきたいとおもいます。

 - 体を絞りたい