自宅でマッチョになる筋トレ方法!

ジムは1人で行きづらいと思っていませんか?それは勘違いです

   

 

あなたはジムに対してどのようなイメージを持っていますか?

 

体を鍛えたいのに、自宅にこもったままで何も行動しないのはもったいないですよ!

 

筋トレを本気ではじめるならば、ジムへ通うという選択肢もあります。

 

あまりにも、ジムに対して「偏ったイメージを持ってる人が多い」ので、今回は2つのジムを掛け持ちしている私が、ジムのメリットを教えちゃいます!

 

スポンサーリンク

ジムは特殊な場所ではない

 

まず最初に、ジムへの固定概念を捨て去ってください。

 

はじめは、誰もが怖いですし、ちょっぴり緊張する場所です。ジムというものは。

 

しかし、実際にジムへ通っている私からすれば、特殊な場所ではなく、むしろおじいちゃんやおばちゃんも毎日通うような場所です(笑)

 

中には、筋トレ経験者のみが入会できるジムもあります。設備が整っており、トレーナーが専属でついているような、立派なジムです。

 

そういったところへ、行かなくてもマッチョにはなれますし、どのようなジムでも最低限の設備は揃っているので、何も不自由はしないです。

 

*(ちなみに、筋トレ系の設備が揃っていないジムはお客さんが少ないので、一度見学へ行ってみるとわかりやすいです。設備が充実していないと、そのジムへ通う理由がないので、多くのジムはしっかりと充実した設備状態になっていることが多いです。)

 

私は現在2つのジムを掛け持ちしています。場所によって鍛える部位や日程を変えています。

 

ちなみにどちらも、専門的なジムではなくて大衆的な大きくて綺麗なジムです。おばちゃん、おじちゃんも夕方になるとゴソゴソやってきます(笑)

 

ジムは初心者でも入会できる

ジムへ入会する

「自分は力がないから、ジムへ行くのは恥ずかしい・・・」

「まだ初心者だから、自信がない・・・」

 

⇑ このような考え方は、間違っています。迷っている時間はハッキリいってムダです。

 

あなたがジムへ入会したところで、通っている会員さんがジロジロ見てくるわけではないですし、スタッフが小バカにしてくることもありません。

 

ジムでは基本的に孤独です。むしろ寂しいくらい誰も会話をしていません。

 

なぜなら、全員がトレーニングに必死こいて頑張っているからです(笑)

 

むしろ、他人のトレーニングフォームやボディを見ている余裕などは一切なく、限られた時間で最大限のパフォーマンスを発揮するために、自分と向き合っているので、あなたを見ている暇もないのです。

 

基本的にジム通いしている方々は、意識が高く目標にするならば、理想としているボディを手に入れている方を参考にしています。

 

つまり、筋肉もついていない初心者さんの身体をジロジロ見るのは1つのメリットがないのです。

 

ですから、あなたは「ジムへ通いづらい、緊張する。入会をためらってしまう。」⇒このように考えるのは、ムダですので安心してくださいね(^O^)/

 

外からみていると、ジムというのはスポーツができるレベルの高い集団が集まる場所。というイメージですが、実際はというと、運動不足のサラリーマンや、たるみ始めた主婦、健康を気遣っている老人などが多いです。

 

本当にマッチョで、バリバリにトレーニングしている人物なんて本当に珍しいレベルです。

 

よほどレベルの高い人物が集まってくるジムではない限り、マッチョに囲まれて終始トレーニングすることはないはずです。

 

施設内では、いい感じのボリュームでBGMが流れていることが多いです。無音の状態でトレーニングするわけではないので、リラックスして筋トレに励むことができます。

 

1人でジムは行きづらいと思っている人は、かなり時間をムダにしているので、勇気を持って見学にいくといいですよ(^O^)/

 

どうしても通いづらいときは、友達や家族と一緒に見学へいくのもおすすめです。1人より2人のほうが気持ちも楽ですよね。

 

一度見学すれば、ジムの雰囲気や施設レベルがわかるので、2〜3箇所のジムをまわって参考にすると、後悔せずに条件にあった理想の施設へ通うことができます。

 

テキトーにジムを決めてしまうと、後悔することもあるので、最初は慎重に決めるべきです!

 

時間帯によってジムの混雑度は変わる

ジムへ行きにくい

例えばですが、主婦が多いジムは日中が混雑します。

 

サラリーマンの比率が高いジムは、夕方から夜までにかけて混みあいます。

 

あなたがどの時間帯に、ジムへ通うかしっかりと計算に入れておくべきです。ジムへ入会をするまえに、どの時間帯が混みあうかスタッフさんに質問するべきです。

 

質問すること
混みあう時間帯と日にち
会員さんの年代層を聞く

 

この2つはしっかりと質問しておきましょう!どこのジムでも郵送での資料請求が可能なので、お住まいのジムのウェブページから資料請求してみましょう。

 

ちなみに、会員数はあまり当てになりません。なぜならジムの会員さんの約3割程度は幽霊会員です。(笑)

 

健康のために、会員になったはものの、通っていない人たちが3割程度はどのジムもいるそうです・・(^_^;)つまり、会員さんが多いからといって、混みあうとは限らないのです。

 

ジムの施設が広ければ、会員さんが多くても問題はないということです。

 

とりあえず、ジムは筋トレ初心者でも通えますし、一切トレーニングしたことのない女性でも問題はありません。

 

行きづらいと思っているのは勘違いで、実際に行ってしまえば、とっても居心地の良い場所です。好きな時間にのびのびトレーニングできる空間って自由で楽しいと思わないですか(^O^)/

 - ジム