自宅でマッチョになる筋トレ方法!

筋トレ初心者さんがまず最初にみるべき記事リスト!

   

 

今回は、筋トレ初心者さんに向けてまず最初にご覧いただきたいページを紹介します。

 

脱・ガリガリを目指してがんばっていきましょう!

 

スポンサーリンク

筋トレの基礎知識をつけよう

 

まずは、筋トレに対するメンタルブロックを壊して、マッチョになる覚悟を決めましょう。

 

覚悟を決めたあとには、正しい知識と正しい筋トレ方法を知る必要があります。

 

あなたは、今痩せているからといって、ずっとこのまま貧弱な状態が続くわけではありません。

 

今マッチョの人でも昔は、ガリガリだった人はたくさんいます。では、最初にこちらの記事をおすすめします。

 

日本人でも外人さんみたいな体になれる?

 

日本人は骨格が小さく、アメリカ人のような体型にはなれない!

 

・・・これは日本人が勘違いしていることです。実は骨格が小さいからといってマッチョになれない訳ではありません。

 

こういった記事を読んでメンタルブロックを外すことは、マッチョになるためにかなり重要なことです。弱気になっていると、いつまでも結果が出ません。

 

次は、こちら。

 

腕立て伏せは回数が多ければ多いほど効果的なのか?

 

いざ、筋トレをスタートしてもやり方が間違っていると、つらいだけで結果は出ません。

 

痛みを我慢して、筋肉を追い込んでいるつもりでも、筋肥大しないと意味がないですよね。筋トレをする理由は、トレーニングではなく、筋肉をつけてカッコイイ体を手に入れるためですよね?

 

何度も何度も繰り返すことができる筋トレは、基本的には筋肥大せずに、遅筋と呼ばれる持久力のある筋肉が成長します。

 

どうなるかといいますと、見た目はそれほど変わらず、マラソンやボクシングのような長時間動き続けるための筋力がつきます。

 

失敗しないためのコツも、記事のなかでしっかりと解説しています。

 

まずは男らしい腕を目指そう

 

筋トレを始めるなら、いきなり胸筋や腹筋を鍛えるよりも、腕を鍛えることをおすすめします。

 

なぜなら、腕は日常生活で最も目にする部位だからです。自分にとっても相手にとっても見えやすい筋肉なので、成長させると、自信を持って腕を見せることができます。

 

腹筋や胸筋は、基本的には裸にならないと見えないので最初は腕がいいです。

 

胸筋は、かなりボリュームを増やさないと服を着ているだけではわからないですし、腹筋は服で隠れてしまいます。わざわざ腹筋を見せるなんて、気持ち悪いのでやめましょう。

 

簡単に腕を太くするトレーニング方法をこちらで解説しています。

 

細い腕を男らしく太くする方法

 

先ほども説明したように、鍛える方法も間違ってしまうと、目指しているようなマッチョ体型にならないことがあります。

 

自己流のトレーニングでも筋肉をつけることはできますが。効果が出ないまま時間が経過することもあります。

 

北へ進むべきなのに、南へ進んでしまえば、目的地へ到着することは不可能ですよね。正しい方向へ進むために、こちらも合わせてご覧ください。

 

ゴリマッチョになるための筋トレメニュー

 

結果が出る目安を把握しておこう

 

いつ結果が出るのか?

 

これがわからないと不安ですよね。

 

例えばですが、アルバイトですと働いた時間に応じて給料がもらえます。時給1000円で1ヶ月に100時間労働すると、10万円になります。

 

アルバイトの場合は、貰える金額は働いた時間に応じて明確になるので、安心して働けますよね。給料日までいくら貰えるかわからずに、ビクビクする必要はないです。

 

しかし、筋トレの場合は別問題です。

 

たとえ100時間トレーニングをしたからといって、目標としているスタイルになれる保証はないです。

 

100時間で腹筋を割る人もいれば、1000時間トレーニングしても、効果が出ない人もいるわけです。

 

まずは目安を知ること、そして結果を出すためにどうすればいいかを学んでおきましょう。

 

こちらの記事で知識を蓄えることができます。⇒

 

筋トレをして筋肉がつくまでの期間は?

筋トレを毎日少しづつやることに意味はあるのか?

1日でも早く筋肉をつけたい人が知っておく3つのこと

 

初心者ならば、これらの記事を1度は目を通して、最低限の知識を持ってからトレーニングを開始しましょう!

 

決して難しい話ではなくて、具体的に解説しているのですんなり理解できるはずです。筋トレは努力と根性だけではなくて、正しい知識も必要だということを覚えておきましょう!

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

 - 成功マインド