自宅でマッチョになる筋トレ方法!

自宅で筋トレをするときにモチベーションを120%高める方法

   

 

自分の部屋で筋トレをやるときは、様々な誘惑があります。

 

「後で筋トレをしよう!」

 

このように考えていても、気がつくと何もしないまま1日が終わってしまった経験はありませんか??

 

ジムへ行けば、まわりには真剣にトレーニングしている人ばかりなので自然とモチベーションが高まり集中することができます。

 

しかし自室でのトレーニングですと、どうしても自分の甘い考えが先行して、筋トレに集中できません。

 

そんなときに自分を奮い立たせるコツとアイテムをご紹介します!

 

スポンサーリンク

音楽でモチベーションを上げる

 

モチベーションが下がっている人と、高い人ではエネルギー量がまるで違います。

 

エネルギー量なんてものは、数値化することは不可能なものです。

 

しかし、時間が経過するごとにエネルギー量の違いは筋トレの成果として現れます。

 

当たり前ですが、モチベーションが高くエネルギー量が多い人は筋トレを必死にがんばるので筋肉がついています。

 

反対に、モチベーションが低く、気が向いたときにしか頑張らない人はいつまでたっても中途半端な代わり映えしない肉体になっているはずです。

 

モチベーションは高ければ高いほど良いです。これはお金とおなじように、あればあるだけ良いのと同じです。(笑)

 

常になんでも元気よくできる人ってたまにいますが、筋トレの場合はいつも元気よくいる必要はないです、

 

トレーニングをはじめる30分前くらいから終了までの数十分間でOKです。時間にすると1時間ほどです。

 

逆に、週に数回のトレーニング時にモチベをあげられないひとは、筋トレを挫折しやすい分類にはいります。

 

いきなりプロのように、その日のコンディション(状態・状況)によって大きく左右されず、淡々とメニューをこなせるようになるのは不可能です。

 

だからこそ、最初はモチベを意識してあげて、一時的に奮闘していきましょう。

 

おすすめは音楽です。音楽といっても邦楽(日本語の歌)はおすすめしないです。

 

理由は単純に、曲がめっちゃ頭にはいってくるからです。

 

これは勉強中の音楽が、音声のないBGMや、クラシックが向いているのとおなじです。

 

好きな曲やどこかで聞いたことのある知っている曲がかかってしまうと、意識しなくても頭に入ってきます。これはかなり邪魔です。

 

大好きなアーティストが一人いて、熱い曲ばかり歌っている人がいればいいですが、実際にはラブソングなどが多いので、難しいですよね・・・

 

演歌やバラードなんて絶対に合わないですし(笑)

 

おすすめは、洋楽です。

 

英語ですと、歌詞が頭で自動的に再生されないですし、日本語の歌と違いリズムやテンポがいい曲が多いのでおすすめ。

 

ラップでもいいですし、最近流行りのEDMでもいいですね!

 

わざわざCDを買わなくてもYouTubeがあれば、いくらでも曲探しできるので、自分にあった曲やBGMを探しましょう!

 

そういえば、私が通っているジムでは常にB’zを聞いてランニングしているゴリマッチョがいます(笑

 

B’zの曲は、こういったときには合いますね!

 

EDMなどは聞いているだけでテンションがあがるので、本気で追い込みたい時期は音楽をかけて自動的にモチベを高めて筋肉をいじめ抜きましょう。

 

筋肥大させて、マッチョになるためにはモチベーションは必須です。

 

ちなみに、YouTubeで「EDM」と検索すれば、たくさんでてきます。

 

格闘技の試合をみて戦闘モードにはいる

 

これはかなりおすすめです。

 

女性には向いているかわからないですが、男性にとってかなり使える方法です。

 

個人的には、ボクシングの名試合などよりも、K1や総合格闘技の名試合もしくは名シーンを見てほしいです。

 

K1ですと、「魔娑斗VS山本キッド」この両者の戦いとか、かなりベタですが熱くなれますね、笑

 

それ以外にもかなり個人的にはおすすめの試合がありますが、ちょっとマニアックになるのであえてここでは紹介しません・・・ヽ(^o^)丿

 

やっぱり好みはありますし、好きな動画などを自分で見つけて何度も見ながら筋トレするのがおすすめですよ!

 

筋トレ前に格闘技の試合をみて、トレーニング中はEDMなどの音楽を聞いてテンションをあげていければ、いつもより熱くなって集中して取り組めますね!

 

筋トレは継続してこそ意味があります

 

毎日鍛えたい部位を変えて、月曜日は上腕三頭筋、火曜日は胸筋などといったようにメニューを変えて続けていきましょう。

 

頑張った人間だけがたどりつく地点を目指して、進み続けましょう(^^ゞ

 

 - 成功マインド