自宅でマッチョになる筋トレ方法!

筋トレと食事のはどちらを先にするべきか?

   

 

今回は、筋トレと食事はどちらを先にやるべきか? という疑問についてお答えしていきます。

 

筋トレでは、効率をあげて理想のボディを手に入れるために、トレーニングを継続する必要があります。

 

ちょっとした勘違いで、結果が出ない方向へ進んでいる可能性もあります。

 

同じトレーニングでも、効率が違うと数カ月後の結果も変わってきますので、今回もじっくり御覧ください!

 

順番は必ず筋トレから

 

当たり前ですが、筋トレをするまえにお腹いっぱいにご飯を食べてしまうと、運動なんて出来ないですよね…

 

腹筋運動をしただけで脇腹が痛くなってしまうでしょう。

 

筋トレは長い時間追い込むのではなく、短時間で効率的に筋肉を鍛えて、筋肥大させることで、マッチョになることができます。

 

つまり、限られているトレーニング時間で集中するためには、食事はトレーニング後にやるべきだという結論になります。

 

トレーニング時間に目安はありませんが、上半身を集中的に鍛えるのであれば、30分〜60分程度は頑張る必要があります。

 

この場合に、考えるべきことは「パフォーマンスをあげる」というポイントです。

 

栄養が関係しているとかではなく、どれだけ本気でトレーニングに集中できるかが重要になります!

 

トレーニング後はなるべく早くご飯を食べよう

 

筋トレをしたあとは、なるべく早く食事をとるべきです。

 

その理由としては、筋肉に栄養を与えるためです。

 

筋トレで消耗した筋繊維や筋肉は、トレーニング後30分〜60分くらいを目安に栄養をとると吸収が早くなると言われています。

 

効率をあげるという点では、なるべく早い段階で食事を食べるほうがいいですよね!

 

パフォーマンスを上げることで、通常よりも早く結果がでます。

 

トレーニングするなら、効率を最大限まで高めて効果を出したほうがお得ですよね?

 

肝心の食事メニューですが、タンパク質を豊富に含んだ食事が理想です。

 

とはいえ、タンパク質はプロテインから摂取することができるので、無理をしてお金をかける必要はありません。

 

学生さんであれば、親に無理をいって高いお肉ばかりねだるのはやめておきましょう。

 

プロテインは低カロリーで、タンパク質をたっぷり摂取できるので、問題はありません。

 

ちなみに、タンパク質は体重×1グラムが1日に吸収できる目安です。

 

私の場合ですと、175センチ体重75キロなので、1日に75グラムが目安になります。プロテインのスプーン3杯〜5杯程度の計算になります^^

 

飲みすぎて体に害がでることはありませんが、無理してたくさん飲んでも効果は増えないので、用法用量を守ってお飲みください!

 

ボディビルダーは筋トレ前と筋トレ後に食事をとります

 

私の知り合いは、ボディビルの大会が近づくと、筋トレ前に食事を食べてから、トレーニングをはじめます。

 

そして、トレーニングが終了したと同時に、また食事をたべます。

 

プロのレベルになると、食事もトレーニングの一環となります。

 

プロのボディビルダーは、体を極限まで大きくする必要があるので、トレーニングで減っていく体重と筋肉を食事量でカバーするのです。

 

体が小さくて悩んでいる方は、食事量を増やすという手もあります。

 

ただし、先ほども説明したように、トレーニング前に食事をたべると、パフォーマンスが低下する可能性が高いです。

 

食前に食べるときは、通常の半人前におさえておくなどの工夫が必要になります。

 

食事と筋トレの割合はバランスよく

 

食事を食べれば食べるほど、基本的に人間は太っていきます。

 

人間は代謝が低下すると、体重が一気に増加します。

 

もしも筋トレをやめて、食事量だけそのままですと、体重が増えておデブになってしまいます。

 

筋トレをサボって、食事だけを大量に食べるというのは健康にも悪いですし、スタイルも悪くなっていきます、

 

あくまでも筋トレありきの、食事だということを忘れないでください。

 

私の場合ですと、上半身の筋肉ボリュームを増やしたいときは、通常の食事量を2倍にしています。

 

食事のタイミングですが、一度に2倍にするのではなくて、1日に食事回数を5回などに設定するのです。

 

メジャーリーガーのダルビッシュ選手も、メジャーへ行ってからは体を一回り大きくするために、食事量を1日に6回ほどに増やしたそうです^^

 

男のあこがれである、分厚い胸筋と盛り上がっている上腕二頭筋を手に入れるためには、食事量も重要になります。

 

あなたの目的にあったトレーニング方法と食事回数を設定して、今日からまた、がんばっていきましょう!

 

 - 体重を増やしたい