自宅でマッチョになる筋トレ方法!

自宅で筋トレをするときはマットを用意してトレーニングしよう!

   

自宅で筋トレをするときはアイテムを用意しておけば効率よくトレーニングすることができます。

 

私も普段自宅でトレーニングするときはいくつかのアイテムを使っていますので
あなたにもおすすめできるアイテムだけを厳選して紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

自宅で筋トレするときは衝撃を吸収するマットを使おう

 

自宅で筋トレをするときはケガに注意しなくてはいけないです。

 

理由としては、フローリングで滑ってしまったりすると大怪我につながる可能性があるからです。

 

実はなぜ、ここまで注意喚起しているかといいますと・・・私が実際に経験者だからです。

 

大ケガはしていないのですが、自宅で15キロのダンベルを使って筋トレしているときに最後の追い込みで事件は起きました!

 

最後の追い込みとして限界ギリギリでそれはそれは必死になっていたのですが、自分の足汗でツルッと滑ってしまい床におもいっきりダンベルを落としてしまったのですm(_ _)m

 

もしも足の上に落としてしまっていたら、確実に骨は折れていたとおもいます。

 

15キロが1メートル以上の場所から落下するのですから、衝撃はもの凄いものになると予想できます。

 

 

 

転倒&スリップ予防としてヨガマットをお使いください。

 

ヨガマットはすべらないための対策になります。非常に安定感がありますのでその上でダンベルや腕立てをすればかなり充実したトレーニングができますよ!

matto

柔らかいので、足ウラへの衝撃を減らすことができます。

 

ジムであれば靴を履くことができるので、足へカカトへの負担は減らすことができます。

 

しかし自宅は基本的に靴下や裸足ですから、フローリングの硬さがケガや痛みへの原因になります。

 

マットさえあれば準備運動にも使えるので使用方法は多岐にわたります。安全対策としても必ず取り入れるべきです(^^)

 

マットがあれば腹筋運動も簡単にできる

 

自宅で腹筋を追い込むときはどのようにしていますか?

 

フローリングの上でやると痛いのでカーペットの上でやったりベッドの上でやることが多いかとおもいます(^^)

 

でも、正直いうと少しやりづらくはないですか?

 

ジムであれば器具があるので便利ですが自宅では器具なしなのでどうしてもやりづらくなります。

 

そういうときにヨガマットがあるだけで、滑らずに腹筋をすることができます。

 

<必読記事>→腹筋をバキバキに割るための食事メニュー

 

私は腹筋を鍛えるのは基本的に自宅が多いです。以前はジムだけで鍛えていたのですがジムでは器具を使わないと鍛えづらい筋肉部位を優先しています。

 

ヨガマットさえあれば安定感を保ったまま腹筋ができるのでめっちゃ便利ですよ!

jitakukintore

フローリングだと尾てい骨が痛くなって追い込みをする限界までトレーニングを続けるのが困難になっちゃいますよね(笑)

 

筋トレは限界まで筋肉を痛めつけて刺激しないと筋肥大させることができないので、なるべく追い込める環境をつくることが大切です。

 

ジムのような環境が自宅で再現できれば、わざわざジムへ通う必要もなくなりますので少しでも快適な空間づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか?筋トレライフが充実すること間違いなしですよ(^^)

 

 

カラーも充実しているので、あなたのお部屋にあったカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに私の部屋にあるのはスカイブルー色のヨガマットです(*^^)v

 - 筋トレのケガ, 自宅筋トレ